読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スナックへ行った

この前、はじめてスナックというところにいった。

アラフォーの女性がお酒を出す。

アラフォー以上の客と俺がペチャクチャ話ししたり、カラオケしたりってのを、そのアラフォーの女性店主が合いの手。

マアマアおいしい飯も出る、お酒や内装もマアマア。

憩いの場っていえばそうなんだけど。

どうなんでしょ。

もう少し一人で飲みたかったかなあってのは贅沢かな。

 

女性店主は元美人だったんだろうなあって思った。

おじさん達が英語の歌ばっかり歌ってたりして、格好よかった。

ああ、この人達が生きた「時代」だったんかなあ。時代。

人間には一回しかその時代を生きる資格が無い。

その時代で育った世代でしかない。

 

俺は、この時代に生まれた。

AIとか、そういう時代。

IPS細胞とか、そういう時代。

パソコンが作ってくれた時代。

スマホ時代。

その中で生きてる、できない医者。

 

悲しいなあ。うれしいなあ。

俺が人生思い通りに行かなかったのは辛いことだけど。

時代がそれをカバーして有り余るほどハッテンしてくれた。