読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間性の非常に高い友達

非常に人間性の高い友達が居る。

彼、ノリはいいし、いわゆるイケテル奴ノリもできる。

倫理感もマアマアある。

物凄くバランスが取れている。

なぜ彼みたいな人が俺の友達になるのか分からないんだけどさ。

 

彼のようなタイプがうまく世の中渡っていくし、潤滑油ってやつなんだろう。

一方、俺は彼がなんというか、うらやましくない。なぜうらやましくないんだろうか。

そうなれないってのもある。単に利益を追うだけで俺にはそれは無理だ。

というか、利益だけ追うのなら、そういう人格よりもっと効率いい人格がいくらでもある。

 

しかし、彼も相当効率的な人格だろうね。

 

ああ、そうか。俺わかった。

彼みたいな人生を俺が選んだとして面白くないんだ。

効率厨ぶってるクセに、効率ではなくエンジョイしてやがるわ俺。

なぜ、バランスのいい人間にならないのか。

努力が面倒くさいんだろう。

 

ようするに、努力できなくて泥水すすってる状態なんだ俺は。

 

でも、彼に『負けてる』と思えない。俺が正しいと思ってしまう。

俺にとって、俺であることが正しいと思ってしまう。

ナゼだろう。

俺の心を占める『真値』が俺の指針だからだろう。